もらい事故で弁護士特約を利用

私は、交通事故に乗るもらい事故で、自動車保険の特約で入っていた弁護士特約を利用しました。もらい事故なのに、こちらにも事故責任を強く言われ納得ができませんでした。特約を利用する前に、市町村の自動車事故による弁護士の無料相談を利用しました。これは、相談日の前日に知り、電話をして予約を入れました。初回利用は無料で、1時間ほど話を聞いてもらいました。このときに、弁護士が入るとこちらの割合が0にできるだろうとアドバイスをもらいました。

そこで、加入している保険会社へ相談すると、弁護士特約を利用するように勧められました。弁護士は、自動車保険会社から紹介してもらいました。依頼内容は、こちらに責任はないことを証明してほしいということです。結果はこちらの責任はなく、相手が全額修理代を払うことになりました。

事故内容は、こちらが優先道路を制限速度を守って直進中に、相手が信号のない脇道から出て来ました。一時停止を無視した前方不注意で、私の車の左後ろのタイヤあたりにぶつかりました。こちらとしては、後ろに出てきたので避けようがありません。

相手は私の車が左に曲がったから優先道路へ出たと、警察や相手の自動車保険会社へ嘘をつきました。しかし、嘘を言っているのはすぐにわかります。相手の自動車保険会社はこの嘘を利用してこちらに責任を求めてきました。ですが、依頼した交通事故に強い弁護士の方が対応してくれたので、無事こちらの責任はなく、交通事故を解決することができました。