古いベランダが人工芝でイメージ一新!

実家で独り暮らしをしていた父親が亡くなったのをきっかけに、別の場所に住んでいた私がそのあとを引き継いで30年ぶりの我が家に出戻り引越しすることになったのですが、流石に築ウン十年も経過していた家は老朽化が激しく、このままではまともな生活ができないと判断し、可能な限り自力でリフォームすることを決意しました。

特に見た目が酷かった雨ざらしの2階のベランダのコンクリートの床を真っ先に何とかしなければと、思いついたのが人工芝を敷き詰めることでした。

早速ホームセンターに出動し人工芝コーナーを物色、値段に関してはピンからキリまであった中からかなり安価なものを選びました。こちらの人工芝販売会社から購入してもよかったかなと思います。設置はもちろん自力で、一旦仮り敷きをした状態でベランダの形状に合わせてカット、その後両面テープで貼り付け固定するという方法でとりあえず作業は無事終了しました。

ある程度値段の張るものか安価なものかという選択には多少悩みましたが、結果、安価なものでも見た目は十分美しく仕上がり納得のいくものでした。ただ、人工芝を敷き詰める前の段階でコンクリートの部分に塗料を塗ったのですが、その作業がやや面倒でした。

ベランダの床が一新されたことで天気の良い日は裸足でも出られるようになりましたし、何よりも古くてくたびれたイメージが華麗に変貌し、大満足です。